×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

南京での中国化学会でする中国語での挨拶風景

成都付近にて (皆で船を引っ張っている)
北京 天壇公園
北京王府井大街 (道に座っている人たち)
敦煌付近の砂漠 (右下に小さくラクダが見える)
(駱駝に乗る値段は外人は中国人より格段に高い。一緒した中国の友人が我々中国人と
して乗ろうと提案。私の下手な中国語を弁護して彼曰く、「この人は南部から来たんだ」と)

Paris 郊外の街角で





 最初の写真は南京で「中国化学会創立50周年の祝
  典の折に挨拶させられたものである。 一生懸命準
  備をして中国語で祝辞を述べた。 終って南京大学
  の教授の友人に私の中国語の挨拶は分かったか、
  と尋ねたら、「貴方の中国語は私たちのよりうまかっ
  た」とお世辞を言っていた。 彼らは北京での「普通
  語」に対してコンプレックスがあるのである。猛烈な
 好評であった。




ハーバーが初めてアンモニア合成に成功した
  装置 1984年ベルリンで国際触媒学会があったと
  きハー バーの展示コーナーが設けられた。(秀子と) 



       中国科学院総裁慮嘉錫(ルージャーシー)父娘に北
 京ダックをご馳走になったとき(1981) 慮嘉錫先生
 は十年以上にわたる「文化革命」のお蔭で、中国の教
 育がすっかり荒れ果ててしまったのを嘆きながら、「これ
  からは人創りです」と繰り返していた。




 




























トップへ
トップへ
戻る
戻る